たまには頑張っている自分を褒めてあげよう

たまには頑張っている自分を褒めてあげよう
 
 

夢を追いかけ中のボーカリストの皆様、日々お疲れ様です!!
まだ音楽で食べていけないから、毎日アルバイトして、その合間に音楽活動を頑張って。
時には睡眠時間を削って徹夜で作曲するなんてこともあるのではないでしょうか?
そんな姿を見ながら、いつも本当に頑張っているなぁと感心します。
でもアルバイト生活ってできれば早く終わりたいですよね。
早く音楽だけで生活できるようになりたいですよね。
 

そう。
そんな風に思って日々過ごしているボーカリストの方達によく見られるいメンタルの状態をいくつかご紹介いたします。
 
 

●毎日焦ってしまう
●周囲が褒めてくれてもその言葉を信用できない
●いつも自分の歌に対してまだまだだと思いすぎてしまう
●早く売れないとと思いすぎてしまう
●完璧な自分を見せていたい
●弱音は吐きたくない
●いつも自分の歌に納得できない
 

いかがでしょうか?
当てはまるものがありましたか?
もし当てはまるものがあるのであれば、過多にならないようにメンタル管理することが必要かもしれませんね。
人の心に響く歌うためには、「自分の問題」をある程度は解決しておく必要があるからです。
だって、「誰かを元気にしたい」と歌っている本人が傷だらけだったら「私よりあなた大丈夫?」ってなりますからね(笑)
はい。
そんな状態を少しでも軽くする方法があります。
それは、
 

「たまには頑張っている自分を褒めてあげよう!」

 

ということです。
ぜひ、言葉にして褒めてあげてください。もしあなたのことを応援してくれている人がいるならば、
ひたすら褒めてもらう会というのをもうけても良いかも(笑)
低くなりすぎている自己評価は良き音楽活動を生みません。
自己高揚動機を満たして自尊心を保ち、前向きな気持ちで歌えていけたら良いですよね。
 
 

このように、メンタルの状態って、よりよい音楽活動のためにとても、いや一番大事なんですよね。
そう、でも誰に相談していいか分からないですよね。
はい。
Soleil&では、プロのメンタル心理カンセラーがおります。
音楽活動の相談と合わせて、メンタルの持ち方についてもご相談くださいませ。まずはお気軽にお問い合わせください。
 
 
 
 
 
by Miho

instagramでは別の音楽記事も更新中!
フォローお願いします。
https://www.instagram.com/soleil__and/?hl=ja
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です