路上ライブでスカウトされたらどうしたらよい?

路上ライブでスカウトされたらどうしたらよい?

この記事を見ている方の中には、現在進行形で路上ライブに取り組んでいる方や、これから路上ライブを始めようとしている方もいるかと思いますし、なかには路上ライブが終わった後に、事務所にスカウトをされた方もいるのではないでしょうか。

誰でも人からスカウトされたら嬉しいものです。でも、私たちが受ける相談の中で最も多いのが、このスカウトに関わるものです。では、スカウトされたら一体どうしたらよいのでしょうか。今回は、「路上ライブでスカウトされたらどうしたらよい?」をテーマにお話ししていきます。

〇まずは名刺をもらおう
当たり前の話ですが、スカウトに来る人は、素性の知らない人です。ですので、スカウトがどこの誰かを確認することが、とても大切です。素性を確認する方法として挙げられるのは、「名刺」があります。スカウトされたら、まず名刺をもらいましょう(名刺を持っていない人は論外です)。
名刺をもらったら、皆さんに確認してほしいのは、①電話番号、②住所、③事務所のHPです。まず①電話番号ですが、03から始まる固定電話なのか、それとの070や080で始まる携帯電話なのか、はたまた050から始まるIP電話かを確認しましょう。携帯電話番号だけが書かれている場合は、その事務所が実体を有していない可能性がありますので、注意が必要です。②次に住所です。名刺をもらったら名刺に書いてある住所をGoogle Earth等で調べてみて下さい。映し出された建物がビルなのか、一軒家なのか、アパートなのか確認しましょう。ちゃんとした建物であるほど入居が難しくなりますので、事務所としての実体を有しているといえるでしょう。③最後に事務所のHPです。HPは、会社の顔です。ですので、HPがどれだけしっかりしているか確認するとよいでしょう。さらにHPでは、その事務所に所属しているアーティストを確認しましょう。所属しているアーティストを見れば、自分をどのようなアーティストとして育成しようとしているか、推測することができます。

〇面接はひとりで行かない
スカウトから名刺をもらった後、面接をしたいと言われると思います。面接に際しては、親族なり友人なりに同席してもらうようにしましょう。あくまでも相手は、見知らぬ人だということを忘れないでください。また、面接の場所についても注意しましょう。最初はまずカフェ等、大勢の人がいる場所がよいでしょう。何度か面談した後に信頼できそうであれば、事務所にも行ってみてください(誰かを連れて)。どのような事務所なのか雰囲気を掴むとよいでしょう。

その次のステップとして、契約書を締結することになりますが、これはまた次回、お話ししましょう。

ご相談はこちらまで。
↓↓↓

Contact


 
 
 

nstagramでは別の音楽記事も更新中!
フォローお願いします。

https://www.instagram.com/soleil__and/?hl=ja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です