カバー曲をSNSにアップロードしたい!でも著作権って問題ないの?

皆さんは、好きなアーティストのカバー曲をYouTubeやTwitterといったSNSでアップロードしたいと思ったことはありませんか?
カバー曲をSNSにアップロードするときに、何か手続きをとる必要があるのか心配になったことはないでしょうか。
今日は、カバー曲をSNSにアップロードする時に必要な手続きについて考えていきます。

カバー曲のアップロードは何が問題なのか。
まず、楽曲には、歌詞と曲についてそれぞれ作詞家と作曲家に著作権が発生します。さらに、楽曲の音源(カラオケ音源を含む)にはレコード会社やカラオケ会社、音源を制作した人に著作隣接権(レコード製作者の権利)が発生します。
カバー曲は、オリジナル曲をそのまま自ら演奏および歌唱したものですので、まず、著作権の問題が生じますし、他人が制作した音源をそのまま使うと著作隣接権の問題が生じます。さらに、そのカバー曲をSNSにアップロードすると、これもまた著作権の問題が生じますし、他人が制作した音源をそのまま使うとやはり著作権隣接権の問題が生じます。
ここで通常だと、著作権に関しては、JASRACやNexToneといった著作権等管理事業者に手続きを行う必要があり、さらに、著作権隣接権については、カラオケ等の音源を制作したレコード会社や、カラオケ会社等に許可を取る必要があります。

著作権は処理されている?
以上を踏まえると、SNSでカバー曲をアップロードする場合、著作権の処理が必要なように思えるのですが、実は、一部の楽曲については、既に著作権に関する手続きが行われています。というのも、例えばYouTubeやニコニコ動画は、JASRACやNexToneと著作権の利用に関する契約を結んでおり、著作権利用料をJASRACやNexToneに支払っています。そのため、皆さんがカバー曲をYouTubeやニコニコ動画にアップロードするときは、特に手続きは必要ありませんし、皆さん自身が著作権使用料を支払うこともありません。
では、Twitterはどうでしょうか。残念ながら、このコラムを書いている現在、TwitterはJASRACやNexToneと契約を結んでいないようです。
さらに、楽曲の音源をそのまま使用する場合にはレコード会社の許可が必要になりますので注意が必要ですし、そもそも、カバーしたい楽曲がJASRACやNexToneに登録されているのか事前に確認する必要がありますので気をつけましょう。
あと、替え歌は別の問題が生じますので、こちらも気をつけましょう。
なお、JASRACでは、楽曲利用のチェックフローやJASRACと契約しているSNSサイトの一覧を掲載しておりますので、ご興味のある方は下記よりご確認ください。

「動画投稿(共有)サイトでの音楽利用」
http://www.jasrac.or.jp/info/network/pickup/movie.html
「利用許諾契約を締結しているUGCサービスリストの公表について」
http://www.jasrac.or.jp/info/network/ugc.html

今日は、「カバー曲をSNSにアップロードしたい!でも著作権って問題ないの?」について書きました。説明としては以上のとおりですが、判断に迷う場合や、他にも気になることがあれば、http://soleiland.com/contact/からお問い合わせくださいね。
では、また次回お会いしましょう!!

石渡広一郎

※説明を分かり易くするために法的に正確ではない表現もございます。ご容赦ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です